女子の「あそこの毛」事情は?VIO脱毛が人気の理由がこれ!

VIOラインってなに?

「VIOライン」とは、デリケートゾーンに生えるムダ毛のことです。海外ではVIOラインを全て脱毛してツルツルの状態にすることを「ハイジニーナ」といいます。
日本では「VIOライン」と同じようにデリケートゾーンを指す言葉として使われるのが一般的です。

 

VIOラインってどこ?

デリケートゾーンを「Vライン」「Iライン」「Oライン」の3つに区切った場合に、それらを繋げた呼び方が「VIOライン」です。

 

Vライン

正面から見て下着や水着に隠れる逆三角形やそれに沿ったラインの部分を「Vライン」といいます。

 

Iライン

VラインとOラインの間の女性器周りの部分を「Iライン」といいます

 

Oライン

おしりの穴(肛門)周りの部分を「Oライン」といいます。

 

 

これら全部をまとめて「VIOライン」と呼び、これらを全て脱毛することや、ムダな部分だけ脱毛することを「VIO脱毛」と言います。

 

VIO脱毛のメリット

VIOラインは「ワキ」に続いて2番目に人気がある脱毛部位です。なぜいまVIO脱毛をする女性が増えているのでしょうか。

 

VIO脱毛をする3つのメリット

自己処理が楽になる

デリケートゾーンの自己処理は大変です。方法を間違えれば粘膜を傷つけてしまう危険性もあります。
VIO脱毛は毛が生えてくる頻度や範囲も少なくしてくれるので、自己処理がとても楽になります。

 

においやムレを抑えられる

においの原因である雑菌が繁殖することを防いでくれるので、衛生的もいいと言われています。
また、毛の量を減らすと生理中の気になるムレも改善されます。

 

見た目が綺麗になる

毛がはみ出す心配がないので、セクシーな下着やかわいい水着を着られるようになります。
きちっと手入れされている方が男性ウケもよく、彼氏も喜んでくれそうです。

 

どこまで脱毛するのがいいの?

Vライン人気の形ランキング

 

普段他人のあそこ…。みんなどんな形に脱毛しているのでしょうか?

 

1位 逆三角形

1位はやはり王道の逆三角形。どれにするか迷ったらこれ!

2位 たまご型

女性らしい可愛い形で下着からはみ出す心配もなし!

3位 台形

こちらも自然な形ですね。毛を残したい派の人におすすめ!

 

Iライン残す派?残さない派?

Iラインを残すか残さないかで迷う人は多いと思います。
「どうせ人に見られないし全部なくしちゃえ!」という軽い気持ちで脱毛してしまうと後悔してしまうかも…。Iライン脱毛のメリットとデメリットを理解してから脱毛を受けるようにしましょう。

 

Iライン脱毛のメリット
  • においやムレが気にならなくなる。
  • 下着から毛がはみ出さなくなる。

 

Iライン脱毛のデメリット
  • Vラインの面積を小さくした場合、正面から見たとき恥ずかしい部分が丸見えになってしまう・・・。
  • 毛がなくなると下着に擦れて痛いという意見も・・・。

 

1回で効果はどのくらいある?

VIOに限らず脱毛全般に言えることですが、効果には個人差があります。そのため、1回あたり何本抜けるといった具体的な目安はありません。
ここからはあくまで一個人の体験談ですので、参考程度に読んでいただければと思います。

 

私は過去にVライン(全て)を1回、IラインとOラインは6回の脱毛を経験しました。Vラインは毛を残すつもりでしたが、量を減らしたかったので脱毛を受けてみることにしました。
その結果、Vラインは1度だけでもかなり毛質が改善され、自然に薄くなったような理想の仕上がりになりました。また、IラインとOラインは、回数を重ねるごとに産毛のような細い毛質になり、毛が生える頻度や範囲がグッと少なくなりました。

 

自己処理が楽になったのが何より嬉しかったです。毛の量が多いせいで下着が膨らんでしまうことに悩んでいましたが、それも気にならなくなったので脱毛して良かったなと思っています。
気になったらぜひ一度受けてみるのがおすすめです!